上原は1点を追う8回に登板、無失点に仕留める

 レッドソックスは6日(日本時間7日)、敵地で行われたインディアンスとのア・リーグ地区シリーズ(5回戦制)第1戦で4-5で敗れ、黒星発進となった。上原浩治投手は1点を追う8回に登板し1イニングを無失点に抑えたが、白星につながらなかった。

 レッドソックスは1点リードの3回に先発のポーセロがペレス、キプニス、リンドアと3本のソロ本塁打を浴びて逆転を許す。その後、両軍1点ずつを加えて迎えた8回、レッドソックスは先頭のホルトがソロ弾を放って1点差に迫ると、1死からオルティスが右中間を破る二塁打をマーク。しかし2死三塁の場面でボガーツが三振に倒れて同点機を逸した。

 その裏、上原が4番手でマウンドへ。先頭のラミレスに二塁内野安打を許したものの、続くチゼンホールを二塁併殺に仕留めると、クリスプの一塁線への打球に味方が好守を見せて一ゴロに。1イニングを10球で終わらせて、1点差のまま逆転勝利へ望みをつなげた。

 しかし最終回、レッドソックスは2死からベニンテンディが右前安打を放ったが、ペドロイアが凡退し試合終了。地区シリーズ第1戦を落とした。