2年ぶり打率3割には「正直そこに興味がなかった」

 ソフトバンクの内川聖一が、パ・リーグ打者部門の9月度月間MVPを受賞した。内川の9月度月間成績は、23試合で打率.347、33安打、26打点。これらは、いずれもリーグトップの成績。内川の月間MVP受賞は横浜時代を含めて通算5度目となる。

「受賞できたことはすごくうれしく思いますし、光栄なこと。(9月は)チームが優勝を目指した月だったので、優勝できなかったことがやっぱり残念ですね。毎試合(調子が)良くても悪くても、毎打席打とうと思ってやっていたので、それがいい方向に向かってくれたのかなと思っています。ヒットの本数は自分でやったことですが、打点はそれだけ前にランナーがいてくれたということの証。周りに感謝しなきゃいけないなと思います」

 9月のソフトバンクは、柳田悠岐の骨折をはじめ、細川亨の足の故障、和田毅の左肘の違和感、今宮健太の右肘の痛みなど、怪我人が相次いだ。内川もまた腰の痛みや打撲、裂傷など満身創痍の状態でプレーし続けた結果、好成績を挙げて2年ぶりの打率3割到達を成し遂げた。

昨年はCSで活躍、今年も「悔いを残さないようにしっかりやろうと思う」

「診断結果がどうであろうと、最後は(プレーが)できるかできないかだと思っていたので、試合に出ている以上、ケガは関係ないもの。試合に出ている以上はやらなければいけないという思いでやっていました。(打率3割については)ボク自身、正直そこに興味がなかったので、とにかく最後までやりきろうという気持ちだけでしたね」

 いよいよ8日からはCSファーストステージへと突入する。

「日本一を目指してやれる最後の戦いになるので、監督・コーチ陣が言ってくれたように、悔いを残さないようにしっかりやろうと思います」

 昨年のCSではMVPに輝いた内川。今回の受賞を励みに、キャプテンとして、4番打者として、チームを札幌へと導いてくれることを期待したい。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura