4番阿部が歩かされた後に「わかっていたこと」とタイムリー

 巨人長野久義外野手が、後のない戦いで貴重な一打を放った。

 DeNAに王手をかけられた8日のCSファーストステージ第2戦。1-1の同点で迎えた8回1死一、三塁で、2番手・三上の初球140キロの外角ストレートを詰まりながらも中前に落とす決勝打を放ち、ファイナルステージ進出への望みをつないだ。

 坂本がこの日も1番に入り、3回に2試合連続本塁打となる同点弾を放つと、8回先頭では右中間二塁打で突破口を開いた。ベテラン寺内がきっちり送り、村田は一ゴロに倒れると、4番阿部は勝負を避けて歩かされたが、長野は「わかっていたこと。自分で決めてやろうと思っていた。振ったら当たった感じだが、(中前に)落ちてくれてよかった。もっと早く点をとってやらなければいけなかったが」と振り返った。

 今永のチェンジアップを打ちあぐねていたが、この回から三上に代わっており、ここ一番で仕事をするのはやはりベテランの力。第1戦では初回に右前打を放ったが、5回に自打球が右目を直撃するアクシデントもあった長野。「右目は全く見えなかった。いや嘘です」と笑わせていたが、右目の下に若干赤みも見られ、やはり打撃にも影響したようだ。

「あと少ししかない。ここまで来たら、痛いのかゆいの言ってられない。打席でも自分の役割を大事にしてやっていきたい」

 5番としての役割をしっかり果たす覚悟を見せた。