月間MVPは増井と内川、その他に活躍した選手は?

 CSファーストステージが終わり、12日からはファイナルステージが始まるプロ野球。パ・リーグは日本ハム-ソフトバンクの対戦が決まり、日本シリーズ進出をかけて札幌ドームで激突する。

 終盤まで激しい優勝争いが繰り広げられたパ・リーグの9月の月間MVPは、投手が増井浩俊投手(日本ハム)、野手では内川聖一内野手(ソフトバンク)が受賞。2人を含め、各ポジションで貢献した選手は誰だったのか。フルカウント編集部ではペナントレースの9・10月のベストナインを独断で選出した。

【投手】
◯増井浩俊(日本ハム)
5試合登板、5勝0敗、防御率1.10

 9月1日の楽天戦(東京ドーム)で9回8安打無失点でプロ初完封勝利。同30日のロッテ戦(札幌ドーム)では現役引退した武田勝の後を継いで2番手として救援。3回2/3で1失点に抑え、自身初の2桁10勝目をマーク。10勝10セーブは2000年のロッテ・小林雅英(現・ロッテ投手コーチ)以来16年ぶりの記録達成となった。

【捕手】
◯森友哉(西武)
打率.298、2本塁打、6打点

 9月の出場22試合のうち16試合が捕手スタメン。9月11日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では10号ソロを放ち、2年連続の2桁本塁打を記録。同ゲームから9試合連続安打をマークした。

レアードは1試合3本塁打5安打7打点の大暴れも

【一塁】
◯T-岡田(オリックス)
打率.313、2本塁打、20打点

 月間打率8位、月間打点は2位タイ。9月は全試合4番スタメン。9月27日の楽天戦(京セラドーム大阪)では20号3ランで2年ぶりのシーズン20発に到達した。3試合連続を含む10試合で2安打以上を放った。

【二塁】
◯浅村栄斗(西武)
打率.333、6本塁打、12打点

 月間打率3位、月間本塁打2位タイ、9月全試合で「3番・二塁」でスタメン。9月14日のロッテ戦(QVCマリン)で3年ぶりのシーズン20本塁打を記録。同ゲームまで15試合連続安打。同20日のオリックス戦(京セラドーム大阪)から6戦4発をマークした。

【三塁】
◯レアード(日本ハム)
打率.295、9本塁打、20打点

 月間本塁打1位、月間打点2位タイだった。9月3日のオリックス戦(ほっともっと神戸)で33号2ラン、34号3ラン、35号2ランと5安打7打点の大暴れ。同1日の楽天戦(東京ドーム)から3戦5発をマークした。同28日の西武戦(西武プリンスドーム)で39号ソロでリーグ優勝へ導き、自身初の本塁打王に輝いた。

【遊撃】
◯安達了一(オリックス)
打率.325、0本塁打、7打点

 月間打率5位。1試合を除き、「2番・遊撃」で23試合でスタメン出場した。リーグ3位の出塁率.418、リーグトップタイの10犠打とつなぎの打撃で貢献。2度の猛打賞、マルチ安打を8試合で記録した。

糸井も1試合3本塁打

【外野】
◯西川遥輝(日本ハム)
打率.344、0本塁打、4打点

 月間打率2位。1試合を除き「1番・左翼」でスタメンし、出塁率.433は2位を記録した。9月3日のオリックス戦(ほっともっと神戸)から5試合連続マルチ安打。同9日の楽天戦(コボスタ宮城)で1試合4安打を記録した。2試合で猛打賞、10試合で2安打以上を記録した。

◯中村晃(ソフトバンク)
打率.333、1本塁打、10打点

 月間打率2位。9月10日の西武戦(ヤフオクドーム)から3番スタメンに定着。2試合で猛打賞、7試合で2安打以上を記録した。22四球、出塁率.472は共にリーグトップだった。

◯糸井嘉男(オリックス)
打率.313、6本塁打、11打点

 月間打率7位、月間本塁打2位タイ。9、10月は1番スタメン。9月15日の日本ハム戦(札幌ドーム)で13号ソロ、14号2ラン、15号ソロで1試合3本塁打。17日のソフトバンク戦で16号ソロ、18日の同カードでも17号2ランを放ち、3戦5発を記録した。9試合で2安打以上をマークした。

【指名打者】
◯内川聖一(ソフトバンク)
打率.354、4本塁打、26打点

 月間打率、打点は共に1位。出場24試合のうち15試合で指名打者スタメン。9月11日の西武戦(ヤフオクドーム)で17号3ランを含む4打点。同14日の楽天戦(コボスタ宮城)では5安打3打点の大暴れを見せた。11試合で2安打以上を記録した。