3連敗で地区シリーズ敗退、快投の上原は「一年間、応援ありがとう」

 レッドソックスは10日(日本時間11日)、本拠地での地区シリーズ第3戦に3-4で敗れ、3連敗で敗退が決まった。上原浩治投手は8回に登板して3者凡退の好投も、打線はひっくり返すことができず。2013年以来の世界一はならなかった。試合後には現役生活に幕を下ろした主砲のデビッド・オルティス内野手が、ファンに涙で別れを告げた。

 上原は2点ビハインドの8回に登板。先頭のナポリは87マイル(約140キロ)の直球で見逃し三振、ラミレスにはライト線への大飛球を打たれるも、ベッツが背走して好捕した。最後はチゼンホールを87マイルの直球で遊ゴロ。3者凡退に仕留めた。

 その裏、打線は2死一塁とすると、オルティスが打席へ。インディアンスはクローザーのアレンを投入したが、オルティスは四球を選んで一、二塁とチャンスを広げた。主砲が一塁上でファンの応援を要求すると、フェンウェイパークは大きく沸く。続くラミレスがレフト前ヒットを放ち、1点差に迫った。二塁まで進んだオルティスは、代走ヘルナンデスと交代。大歓声の中、ダグアウトへと戻ったが、続くボガーツの痛烈なライナーは二塁手の正面。この回で追いつくことはできず、レッドソックスは敗退した。

 試合後、上原は「残念ながら負けてしまいました。一年間、応援ありがとうございました!」と自身のツイッターで報告。快投は勝利にはつながらなかった。シーズン終了後にはFAとなるため、レッドソックスでの登板はこれが最後になる可能性もある。

オルティスは「パピ!」コールに応えて涙

 また、2013年に世界一に輝いたときには、勝利の後に上原を抱きかかえるパフォーマンスがおなじみとなっていた主砲オルティスは、これが最後の試合となった。今季は127打点で自身3度目の打点王に輝くも、シーズン前に現役引退を宣言していた。

 オルティスは試合終了後に客席で待つファンのためにグラウンドに姿を現し、最後の別れを告げた。敗退が決まったにも関わらず、フェンウェイパークは大観衆で埋まったままだった。「ビッグ・パピ」のあだ名で絶大な人気を誇った主砲はマウンドに上がり、帽子を掲げて大歓声に応える。「パピ! パピ!」のコールは、やがて「サンキュー! パピ!」に変わった。オルティスはその後、目にたまった涙を拭い、ゆっくりとダグアウトへ。何度も頬をつたう涙を拭きながら、本拠地のグラウンドを後にした。

「(1週間前の)引退セレモニーでも感情的になったが、また今日は違うものだった。これで終わりなんだという思いがこみ上げてきた。試合後、マウンドに行ったのはファンへの愛を示すため。レッドソックスファンは世界一だ。とても幸せだった」

 オルティスはその後、最後の瞬間をこう振り返った。「試合後にクラブハウスでチームメートに来年につなげてほしいと話した。昨年最下位から優勝したことを誇りに思う」。最後までチーム、そしてファンへの愛情を示し続けた主砲が偉大なキャリアに幕を下ろした。