初戦勝利に大きな自信「打線の調子もいいので、試合を作れば大丈夫」

 日本ハムの大谷翔平投手が12日のCSファイナルステージ第1戦ソフトバンク戦(札幌ドーム)に先発する。前日練習で、栗山英樹監督がリアル二刀流を封印し、投手専念で臨ませる意向を示唆。今季の対ソフトバンク戦は4試合登板、2勝0敗、防御率1.26と相性抜群だ。

「すごく楽しみです。調整の時間は十分にあった。相手によって自分の投球が変わることはない。使ってもらったところでしっかりやるだけです」

 首位攻防戦となった9月21日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では8回4安打1失点(自責0)。4年ぶりリーグ優勝へ大きく前進させる投球となったが、その時は柳田悠岐が右手薬指を骨折して離脱していた。昨年トリプルスリーを達成した絶対的な中心打者。それでも、164キロ右腕は打線として抑える考えを繰り返した。

「いい打者ですし、クリーンアップを打っている。大事なポイントかなと思いますけど、そこさえ抑えれば勝てるというわけでもない。特には意識していないです」

 昨年のロッテとのCSファーストステージ第1戦では2回2/3で5失点を喫して敗戦投手。レギュラーシーズン2位だったチームはCSファイナルステージに進むことが出来なかった。

「相手は違う。とにかく初戦が大事だと思います。勝てば何でもいい。自分に勝ちが付くとか付かないとかは関係ない。まずはゲームを作ること。打線の状態もいいので、試合を作れば大丈夫。初戦を取れるように頑張ります」

最終登板から中13日空くも「最終的に勝てるように頑張りたい」

 CS調整期間中を除き、レギュラーシーズン最終登板から中13日と間隔が空いた。それでも、気持ちを切らすことない。前日練習はブルペンで30球前後を投げたという。

「シーズン中もいい間隔でいける方が少ない。ホークスは第1ステージで戦ってきて勢いはあるが、どっちがいいとかはない。自分は(大一番で)大した経験もしてきてないが、その中で結果を出せれば。最終的に勝てるように頑張りたい」

 13日の第2戦(札幌ドーム)では指名打者として出場する可能性も十分ある。それでも、まずは大谷翔平の圧倒的な投球でチームは勢いづきたいところだ。