上位打線で2点を奪う

 広島が12日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初戦(マツダスタジアム)で3回に2点を先制した。

 2回まで相手先発モスコーソに無失点に封じられていたが、先頭の1番田中が四球、続く菊池が送りバントで1死二塁とすると丸がセンターフェンス直撃のタイムリー二塁打。さらに4番新井も右前適時打で続いた。

 広島がシーズンで好調だった上位打線で主導権を握った。