田中が猛打賞、効果的に得点重ねる

 広島が12日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナル初戦(マツダスタジアム)で5-0と完封勝利し、日本シリーズ進出まで残り2勝とした。

 0-0で迎えた3回、DeNA先発モスコーソを攻略。先頭の1番田中が四球、続く菊池が送りバントで1死二塁とすると丸がセンターフェンス直撃のタイムリー二塁打。さらに4番新井も右前適時打で続き、2点を先制した。

 さらに7回には1死二塁から田中がタイムリー二塁打、菊池もタイムリーを放ち、2点を追加。リードを4点に広げた。8回にも代打エルドレッドのタイムリー二塁打で1点を加点。この日は田中が猛打賞の活躍を見せるなど、打線が9安打で5得点と効率よく得点を重ねた。

 一方、広島先発のジョンソンは3回まで無安打に抑えると、4回、5回、9回にヒット1本ずつを許しただけで二塁を踏ませないピッチング。9回を投げ切り、3安打6奪三振3四球で完封勝利を挙げた。広島は1勝のアドバンテージを含め日本シリーズ進出まで2勝とした。