DeNAは3安打完封負けもチーム唯一の複数安打をマーク

 DeNAの梶谷隆幸外野手が12日、広島とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初戦(マツダスタジアム)で敗戦の中でも意地を見せた。左手薬指を骨折しながら強行出場し、2安打。3安打完封に封じられたチームで唯一複数安打をマークし、気を吐いた。

 梶谷は10日のCS第1ステージ第3戦の初回に巨人の内海から死球を受けて途中交代。その後、骨折と診断された。それでもこの日、「2番・右翼」でスタメンに名を連ねると、初回無死一塁ではショート併殺に倒れたものの、4回先頭の第2打席ではチーム初ヒットをマーク。9回の第4打席でもレフトへ安打を放った。

 チームはジョンソンの前に3安打に封じられ、0-5と完封負け。相手の1勝のアドバンテージを含めて0勝2敗となったが、下剋上へここから巻き返したいところだ。