センターフェンス直撃のタイムリー二塁打、「先手先手と思っていた」

 広島の丸佳浩が12日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦のDeNA戦で先制点となるセンターフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、チームの勝利に貢献した。

 初回の1死二塁のチャンスでは空振り三振に倒れていた。「1打席目がああいう内容だったが、引きずることなく切り替えていけた」と、0-0の均衡を破る先制点を振り返った。

「今年はシーズン中から、できるだけたくさんチャンスを作って、という攻撃を続けてきた。点が入らなくても、嫌な感じはしなかった」と平常心を強調した丸は、「気付いたらもう終わってしまっていた、というのが短期決戦。勝ち上がってきたDeNAは勢いがあるので、先手先手と思っていた。先制できてよかった」と、チームを勢いづけた一打に満足そうだった。

「今日は効率よく点が取れた。チームが束になっていけたのがよかった」という丸の言葉通り、1番の田中から4番の新井までが、1打点ずつを記録した。シーズン中と変わらぬ試合運びでの快勝となったが、「凡ミスやボーンヘッドで流れを変えてしまわないように、チームみんなで気をつけてきたい」と、気を引き締めることも忘れなかった。

 地元でのCSは初となるが、「いかにシーズンと同じようにできるか、そこに集中したのがよかった。今日は守りもしっかりできたし、明日もこういう試合ができればいい」という丸の気持ちは、すでに第2戦へと向いていた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo