2失点直後に本塁へ好送球、追加点阻止

 日本ハムの陽岱鋼外野手が13日の日本ハムとのCSファイナルステージ(札幌ドーム)でレーザービームを見せた。

 2点先制された直後の2回2死一、二塁。中村の打球は中前へライナーで飛んだ。チャージをかけ、素早く処理。捕手・大野へのストライク送球となり、二塁走者・今宮を刺した。

 今季途中に抑えから先発転向した増井はこの日がCS初先発。陽岱鋼が強肩で助けた。