2打席連続適時打、陽岱鋼も中前適時打でホークス中田をKO

 日本ハムの中田翔内野手が13日のソフトバンクとのCSファイナルステージ(札幌ドーム)で4番の意地を見せた。

 「4番・一塁」でスタメン出場。2-2で迎えた6回1死二塁。2点差の4回に追撃タイムリーを放っていたが、直前の3番・大谷が敬遠で歩かされた。ここで4番。フルカウントから中田のフォークに振り抜き、三遊間を破った。左前タイムリーで勝ち越した。

 一塁ベース上で両手を強くたたいて喜んだ。2打席連続適時打でポストシーズン4打点目。2死一、二塁からも陽岱鋼の中前適時打で続いた。主役と期待される2人のタイムリーで先発の中田を6回途中4失点でKOした。