上位打線が機能する広島、2打点の丸は同学年の田中&菊池に感謝

 13日のセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦で、広島の丸佳浩が2打点の活躍でお立ち台に上がった。丸の打点でいずれもホームを踏んだ田中広輔はダメ押し本塁打を含む2安打1四球の活躍で、シーズン同様に上位打線が機能しての勝利だった。

 初回に先制のタイムリー、3回には追加点となる犠牲フライを放った丸は、「広輔があれだけ出塁してくれるので、勢いをもらえて打席に立てた」と、真っ先に同級生のリードオフマンの名を挙げた。

「キクもしっかり送ってくれて、得点圏で回ってきた」と、もう一人の同級生にも感謝した丸は、「上位を任されている以上、(勝敗の)結果に直結する可能性が高いので、しっかりやろうと思っている」と、クリーンアップの自覚を示した。

田中が分析する好調の要因は…

「(走者を)返そうというよりは、つなごうと思っている。それがいい結果につながっている」という丸は、田中の四球から、菊池の犠打、丸の犠牲フライで追加点を取った3回を「ノーヒットで得点できた。シーズン中からしっかり取り組んできたことが、こういう大事な試合でもできたのは自信になる」と喜んだ。

 第1戦の3安打に続き、この日も4打席中3打席で出塁した田中は「1打席目を特に大事にいこうと思って試合に入った。それがいい結果につながった。ヒットというよりは、なんでもいいから塁に出ることが大事だと思っている」と好調な打撃を自ら分析した。

 攻撃陣のベンチでは、「回の先頭打者に、勇気、勇気、と、コーチも含めてみんなで言っている」という丸。最後も「すべては田中君です」と周囲を笑わせて会見を終えた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo