右手薬指骨折から復帰、復活のタイムリーを放った柳田

 土壇場で試合をひっくり返す。頼もしい男の復活が、14日以降の巻き返しにも期待を抱かせた。福岡ソフトバンクが13日、「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第2戦で北海道日本ハムに逆転勝ち。負ければ日本シリーズに王手をかけられていた一戦で、不動の3番打者・柳田が試合を決めた。

 9回1死二、三塁、中堅へ勝ち越しの適時打。ソフトバンクのベンチが歓喜に包まれた。「ポンさん(本多)が点を取ってくれたので、楽な気持ちでいけました。とにかく前に飛ばす。それだけです。すごくうれしかった」。

 この回は1死から死球で出塁した福田が二盗、三盗を決め、マーティンを揺さぶる。四球を選んだ中村晃、本多の左翼への同点適時打、遊ゴロながら、ヘッドスライディングで併殺を逃れ、追加点をもぎ取った内川と、それぞれが集中力を見せて生んだ3得点だった。「みんな最後まで諦めていなかった。それが勝利につながった」と、柳田はヒーローインタビューで頷いた。

 9月1日の埼玉西武戦で右手薬指を骨折。今季中の復帰も危ぶまれていた状況から、必死のリハビリでポストシーズンに間に合わせてきた。ところが復帰はしたものの、千葉ロッテとのCSファーストステージから3試合で11打数無安打。「もう試合に出たくないと思いました」と、歯がゆい日々だった。

浮かんだ安どの表情、「やっと役に立てた」

 だが、この男の復調なくして、CS突破は厳しい。周囲の期待に、4試合目で応えた。この日は5回にも詰まりながら三塁へ内野安打を放ち、マルチ安打を記録。「足を引っ張っていたので、やっと役に立てた」と、安どの表情を見せた。

 先制はしたが、5回に追い付かれ、6回の攻撃では増井の前に3者凡退。直後の日本ハムの攻撃で2点を取られるという、まさに相手の勝ちゲームのような展開。それを終盤に崩した。8回に1点差に詰め寄る松田の本塁打で、先発全員安打を達成。2年連続日本一に輝いているチームの底力を見せつけた。

 リーグ優勝チームとして1勝のアドバンテージがあるため、まだまだ追いかける展開のホークス。だが昨季トリプルスリー男の復調は、日本ハムにとっての脅威に、そして鷹党にとっての希望の光となる。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部●文