地区S突破のドジャース、カーショー投入に米国内でも驚嘆の声「大胆な策が奏功」

 前田健太投手が所属するドジャースが13日(日本時間14日)、敵地で行われたナショナルズとのナ・リーグ地区シリーズ第5戦で勝利し、3年ぶり11度目となるリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。2勝2敗で迎えた最終戦は1点を争う好ゲームとなり、ドジャースは9回途中から左腕カーショーを投入して1点のリードを死守。中1日でエースを投入した采配に米国内では驚嘆の声も挙がった。

 4回までナショナルズ先発のシャーザーの前に無安打に抑えられたドジャース打線は1点を追う5回に1死満塁のチャンスを作ったが、代打イーシアが空振り三振、アットリーが遊ゴロに倒れて好機を逸した。

 それでも7回、先頭のピーダーソンがシャーザーの初球を捉えて、左翼席へ同点ソロ。ここでシャーザーを降板に追い込むと、さらに代打ルイーズの適時打、ターナーの2点三塁打で3点を勝ち越した。

 しかしその裏、4番手でマウンドに上がったデイトンが崩れ、無死一塁から代打ヘイジーに2ランを被弾。ナショナルズに1点差に迫られると、ロビンソンに右前安打を浴びたところで投手交代。ドジャースはここで早くも守護神ジャンセンを投入して勝負に出た。

「野球はなんて神秘的でアメイジングなのか」

 右腕はここを無失点で切り抜けると、8回も零封。9回もマウンドに上がり、先頭ターナーを空振り三振に斬った。しかし続くハーパー、ワースと連続四球で1死一、二塁に。この窮地でドジャースベンチがマウンドに送り込んだのがカーショーだった。

 エース左腕はこのシリーズの第1戦と第4戦に先発登板。この日は7回途中で110球を投じた第4戦(現地11日、日本時間12日)から中1日での緊急登板となった。登板の直前は、ヤンキース田中将大投手が自身のツイッターで「カーショウ投げるのかっっっ!?!?」「キタっっっ」と驚きの声を漏らしたほど。

 この場面で3度のサイ・ヤング賞受賞経験がある左腕は貫録の投球を披露。マーフィーを二飛に打ち取ると、続く代打ディフォを空振り三振に仕留めてマウンド上で大きくガッツポーズを作った。

 この登板は米国内でも大きな話題となり、MLB公式の動画サイト「Cut4」は「クレイトン・カーショー、2006年マイナー以来のセーブを挙げる」との見出しでレポート。左腕にとって2006年のマイナーで挙げて以来のセーブで、メジャーでは初となったことを紹介した。また、マイナーでセーブを挙げた際に捕手を務めていたのが現守護神のジャンセンだったことにも触れ、「野球はなんて神秘的でアメイジングなのだろうか」と伝えた。

守護神ジャンセン「夢を見てるのかな?」

 またMLB公式サイトはカーショーのコメントを紹介。「ケンリー(ジャンセン)はかつてないほど良かったよ。僕はただ彼を助けたかっただけだ」と語っており、ジャンセンが「俺は……ちょっと待って、夢を見てるのかな?」「最強の投手が支えてくれるんだ。ほんと素晴らしいよ」と驚きと称賛の声を漏らしたこともレポートされている。

 また米スポーツ誌「イラストレイテッド」はロバーツ監督が試合前にカーショーの登板について「ありえない」と即答していたことを紹介。「大胆な作戦が功を奏した」と伝えている。

 これで地区シリーズを突破したドジャースは15日(同16日)から始まるリーグ優勝決定シリーズで今季メジャー最高勝率を誇るカブス(中地区1位)と激突。米国内ではその第1戦で前田が先発予定とレポートされている。

 ドジャースは激闘を制した勢いでワールドシリーズへと駆け上がることができるか。今後の戦いに注目だ。