有原、7回1失点の好投でCS初勝利&レアード2号3ラン

 日本ハムは14日のソフトバンクとのCSファイナルステージ第3戦(札幌ドーム)で、4-1で逃げ切り勝ちした。1勝のアドバンデージを含め3勝1敗とし、4年ぶりの日本シリーズ進出へ王手をかけた。

 ソフトバンク先発は中5日の千賀。ファウルで粘る打撃が身上の中島を2番で起用し、5番には近藤を起用。2戦無安打だった5番・田中賢介を9番へ下げた。栗山監督自身が「今までやったことのない打線」という“奇襲オーダー”が的中した。

 初回から攻めた。1番・西川が11球粘って四球、大谷が振り逃げで出塁するなど、2死一、三塁の先制機が到来。すると、近藤が千賀の初球153キロ直球を左前へ打ち返す先制打を放った。さらに、7番から6番へ昇格したレアードが2死一、二塁から、千賀の甘く入ったフォークをジャストミート。打球は左翼席中段へ飛び込む2試合連続の2号3ランとなった。いきなり4点を先制し、試合を優位に進めた。

 2年目の有原はCS初先発。3回1死から中村に右越え1号ソロを許したが、カットボール、チェンジアップで強力打線をかわした。7回5安打1失点の好投で、8回から石井、谷元、バースとつないで勝利。有原はCS初白星を挙げた。

 15日の第4戦は新人王候補に挙がる3年目・高梨が先発する。ソフトバンク先発・バンデンハークと投げ合う。一気に4年ぶりの日本シリーズ進出を決めたいところだ。