先発・黒田は5回3失点降板も中継ぎ力投、打線はミスも重なり無得点

 広島は14日、マツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦のDeNA戦に0-3で敗れた。勝てば日本シリーズ進出が決まった試合での完封負けに、試合を振り返る緒方監督の声に力がなかった。

 レギュラーシーズンで3敗を喫していた井納に、打線が7回までわずか3安打に抑えられた。8回にはリリーフ陣を攻め、2死満塁のチャンスを作ったが、新井が右邪飛に倒れ、反撃はならなかった。緒方監督は「(田中)広輔が全打席出塁した中で、なんとかつないでいきたかったが、そういう攻撃ができなかった」と残念そうだった。

 投手陣は、先発の黒田が5回3失点で降板した。緒方監督は、先制点を許したエリアンの2ランを「うまく打たれたように見えた」と黒田をかばったが、「3点目を入れられたことで、重い展開になってしまった」と、筒香を歩かせた後の梶谷のタイムリーをポイントに挙げた。

 それでも、その後は4投手が1イニングずつをゼロで抑え、「黒田からバトンを受けた投手陣はよかった」とリリーフを褒めた。一方で「どんな形でも、1点入っていれば面白い展開になっていたと思う」と、無得点に終わった打線を悔やんだ。

 攻撃では、4回に鈴木、6回には田中が盗塁死で、反撃ムードに水を差した。指揮官は「広輔の場面もそうだったけど、誠也はミーティングでも言っておいた。あのタイミングは、いってはダメなところだった」と、走塁面でのミスを指摘した。

「球場の後押しもあったけど、反撃できなくて残念」という緒方監督は、「ミスもあったので、そういう反省を踏まえた上で、明日に臨みたい」と気持ちを切り替えていた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo