第3戦は井納の快投で快勝、梶谷の好守は「次の試合にもいい影響を与えるプレーだった」

 セ・リーグのCSファイナルステージ第3戦は、リーグ3位のDeNAが3-0でリーグ王者の広島に初勝利。日本シリーズ進出に望みをつないだ。先発の井納が7回3安打無失点と快投。打線はエリアンの2ラン、梶谷のタイムリーで黒田から3点をもぎ取った。1勝3敗と広島有利の状況に変わりはないが、第4戦以降のポイントはどこになるのだろうか。

 まずは第3戦のポイントについて、ヤクルト、日本ハム、阪神、DeNAで捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「何と言っても井納でしょう。テンポがよく、気持ちが前に出たピッチングでした」と右腕の投球を評価した。「それにつられて打線も息を吹き返し始めた。井納は全体的に逃げ回るようなピッチングではなくて、どんどん攻め込んでいました。絶好調の田中には3安打されましたけど、攻め込んでいたから打たれたように見えました。逃げていたら、田中に対しても1安打3四球のような結果になっていたと思います」。2連敗で王手をかけられたチームを鼓舞するような投球だった。

 また、打線ではエリアンの2ランに加えて、左手薬指を骨折している梶谷がタイムリー。梶谷は、3点リードの8回2死満塁のピンチで新井のファウルフライに猛チャージし、グラブをはめた左手を伸ばしてダイビングキャッチする好守も見せた。

「梶谷の最後のファインプレーは痛い指が下敷きになっている。相当痛かったと思います。それでも、ああやって飛び込んでいった。(チームにとって)次の試合にもいい影響を与えるプレーだったと思います」

DeNA須田の復帰は「何よりも大きい」、広島は「得点圏に走者を置いて攻撃するべき」

 そして、野口氏が「何よりも大きい」と指摘したのが、須田の復帰だ。負傷でシーズン終盤から離脱していた右腕は、8回2死満塁のピンチで登場し、梶谷の好守もあって新井を右邪飛に仕留めた。「どうやら、このCSは三上があまり良くないですね。ラミレス監督のことだから、8回は三上で変えないと思いますけど、須田が戻ってきたことで、この試合みたいに早めに代えることが出来る」。今季、ブルペンを支えてきた須田が戻ってきたことは、チームにとって確かに大きい。

 一方、広島は2連勝と勢いに乗り、黒田で決めるかと思われたが、思い通りの結果にはならなかった。ただ、野口氏は「黒田はそんなに悪いようには見えなかったですね。誰にでも失投はある。この試合ではそれを的確に捉えられてような感じでした。あれ(失投)が1つ2つファウルになっていれば、違う結果になっていたと思います。めぐり合わせの問題でしょうね」と分析する。むしろ、無得点に終わった攻撃に「疑問」があるという。

 この試合でも絶好調の田中が全4打席で出塁(3安打1四球)。今CSで打率.889と当たりまくっているリードオフマンがいながら、得点につなげられなかった。

「攻撃で1つ気になったのが、初戦、2戦目と田中が出塁したら菊池がほとんど送っていたのに、3戦目は1度も送らなかったことです。なぜだろう、と。ノーアウトで田中が塁に出たときは、菊池が送っていたから素晴らしい攻撃が出来ていたのに、この試合では送らせなかった真意は何だったのか。特に、今年はレギュラーシーズン中から井納に対して広島打線の相性がよくなかった。それならば、なおさら得点圏に走者を置いて攻撃するべきでした。

 この試合では初回に田中がヒットで出たのだから、菊池で送って、丸、新井で1点という形を作りたかった。初回に点を取れていれば、何よりもDeNAナインの心が折れていたはずです。『今日も先に点を取られてしまった』と。しかも、相手は百戦錬磨の黒田でしたから。ただ、広島はそういう策を取らなかった。第4戦、第5戦は相手が今永、石田となると、なおさら常に得点圏に置いて攻撃をするべきでしょう」

「広島にとっては、第3戦は『最終戦までもつれる危険をはらんだ1敗』だった」

 また、今季のキーマンだった鈴木が未だにノーヒットというのも気がかりだ。野口氏は「少し時間がかかりそうですね。軸足にタメがない。ただ足が上がっているだけで、タメがなく、突っ込んでしまっている。上体がつっこんでいるから、フライになっている。ボール球を振り始めたらバットが止まらない」と、技術的に問題があると分析する。

「この後の2試合では、相手が左なので松山がスタメンから外れて、新井とエルドレッドが揃い踏みすると思います。そこで打線にいい影響が出るか。鈴木が復活するか。鈴木は5番ではなく、6番に入るという形になるかもしれませんね」

 今季、打線が圧倒的な力を見せてきた広島だが、DeNAの今永には5試合で3勝1敗、防御率1.65と完全に抑え込まれている。

「今永でDeNAが勝って、2勝3敗となると、DeNAのペースになってくる。そう考えると、広島にとっては、第3戦は『最終戦までもつれる危険をはらんだ1敗』だった。残り2試合で1つ勝たないと、最終戦にもつれこみ、焦りが出てきます。ただ、その2試合のうちの1つに大の苦手の今永が投げてくるわけですから。最終戦までいけば、広島にはジョンソンがいるが、DeNAは総力戦で1人1イニングといった使い方になるでしょう。まだ分かりません」

 王手をかけた広島が有利な状況に変わりはないだけに、DeNAがどこまで意地を見せることが出来るだろうか。