エルドレッドの3点弾など6安打6得点でDeNA今永をKO

 25年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけている広島が15日、DeNAとのCSファイナルステージ第4戦(マツダスタジアム)で、初回に5点を奪う猛攻を見せた。

 広島戦を得意とするDeNA先発・今永に、初回から襲いかかった。1番・田中が四球で出塁すると2番・菊池が送りバント。続く丸も四球を選び、1死一、二塁としたところで、まずはベテラン新井がレフト前に先制適時打。すると、今シリーズ無安打だった鈴木もレフトへ安打し、2点目をゲット。なおも1死一、二塁の場面で、6番・エルドレッドが右翼席に大きな3点弾を叩き込んだ。

 攻撃はまだまだ止まらない。2死一塁から投手・岡田の打ち損じた打球が三塁線を転がって内野安打に。2死一、二塁となったところで、この回2度目の打席が回ってきた田中がライト前に適時打を放ち、6点目を挙げた。

 前日は完封負けを喫したが、この日は初回から打線が大爆発。6点の援護をもらった先発・岡田はリードを守り抜けるか。