2点差に追い上げられた直後に値千金の適時打でリード広げる

 広島の菊池涼介内野手が15日、DeNAとのCSファイナルステージ第4戦(マツダスタジアム)で、6-4で迎えた3回にセンター前に適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 初回に6点を先制しながら、2回と3回に2点ずつ追い上げられ、2点差とされた3回裏。先頭・小窪がレフト前ヒットで出塁。送りバントと三振をはさみ、2死二塁で1番・田中が四球で塁に出た。打席に立った菊池が、DeNA3番手の砂田がカウント2-2から投じた6球目高め速球をセンターに弾き返すと、二塁走者の小窪が一気に生還。点差を広げた。

 今シリーズはこの日まで打率.125と波に乗りきれなかった菊池が大きな仕事を果たした。