直前に4点差に広げられたが、すぐさま反撃で2点差に

 DeNAの戸柱恭孝捕手が15日、広島とのCSファイナルステージ第4戦(マツダスタジアム)で、4点を追う6回にセンターへタイムリー三塁打を放った。

 8-4で迎えた6回、広島が先発・岡田から2番手・一岡に代えたところで、DeNA打線がたたみかけた。先頭・倉本が四球で出塁すると、続く戸柱の打球はセンターへ。丸が飛び込んでダイビングキャッチを試みるも失敗。倉本は悠々と生還し、打った戸柱もボールが転がる間に一気に三塁を陥れた。さらに、2死三塁から桑原の遊撃ゴロの間に戸柱が生還。2点差まで詰め寄った。

 点差を離される度に、じわじわと反撃を繰り返すDeNA。終盤に一気に逆転することはできるのか?