リーグ優勝決定シリーズ初戦に登板も…好機でヒットも得点につながらず

 ドジャースの前田健太投手が15日(日本時間16日)、ナ・リーグのリーグ優勝決定シリーズ初戦に先発し、4回4安打3失点2奪三振2四球でマウンドを降りた。2回までに3点を失い、5回の打席で代打を送られた。リードを許したまま降板。地区シリーズに続く自身メジャー2度目のポストシーズン登板も、勝利投手にはなれなかった。

 前田は初回、先頭ファウラーにセンター前ヒットを許すと、2番ブライアントにはレフトオーバーの適時二塁打を浴び、先制を許した。リッゾ、ゾブリストの打球もいい当たりだったが、いずれも左飛。苦しい立ち上がりとなったが、最後はラッセルを投ゴロに打ち取り、1失点で切り抜けた。

 すると、2回、ドジャースはカブス先発レスターから1死一、二塁のチャンスを作る。ピーダーソンは三振で、2死となってから前田が打席へ。初球の93マイル(約150キロ)の直球をとらえ、レフト前に痛烈なヒットを放った。二塁走者のゴンザレスが一気に本塁に突入したが、左翼ゾブリストの返球で憤死。惜しくも同点打とはならなかった。

 前田は2回にも先頭ヘイワードに三塁打を許すと、続くバエスのフラフラと上がった打球がセンター前に落ちる不運な当たりで適時二塁打とされた。ロスは中飛に打ち取るも、レスターの打席では暴投で1死三塁のピンチに。その後、三塁走者のバエスが飛び出すと、捕手のルイーズが三塁に送球。しかし、バエスはそのまま一直線にホームを狙い、ホームスチールで3点目を奪われた。

 3回、ドジャースは1死からターナーが痛烈なライナーをセンターへ放つも、中堅ファウラーがダイビングキャッチ。4回にもルイーズのライナーを中堅ファウラーがダイビングでもぎ取る。カブスの好守備もあって、チャンスを作れない。

 一方、前田は3回は1死からゾブリストに四球を与えるも無失点。4回も2死からピッチャーのレスターを2打席連続で歩かせたが、続くファウラーをチェンジアップで空振り三振に仕留めた。

 5回、ドジャースは2死走者なしで前田に代えてイーシアを打席に送る。イーシアは期待に応え、ソロホームランを放ったが、追加点はならなかった。5回からはバエスがマウンドに上がった。

 前田は66球を投げてストライクは41球だった。