直球は全て160キロ超え、3球で165キロ記録 中田も驚嘆「いやぁ、すごいね」

 日本ハムの大谷翔平投手が16日、ソフトバンクとのCSファイナルステージ第5戦(札幌ドーム)で7-4と3点リードの9回に自身初めて指名打者を解除してマウンドに上がり、圧巻の3人斬りを見せた。日本最速を更新する165キロも記録し、プロ初セーブをマーク。チームの4年ぶり日本シリーズ進出に大きく貢献した。

 22歳右腕は先頭の松田に対して、初球に163キロのストレートを投じると3球目には自身が持つ日本最速タイの164キロをマーク。最後は145キロの高速スライダーで空振り三振に仕留めた。

 続く吉村の初球には日本最速を更新する165キロをマーク。球場中がどよめく中、164キロのストレートで追い込むと143キロのスライダーで空振り三振を奪った。本多に対しては164キロ速球、151キロのフォークで追い込むと、その後はファウルで粘られたが、最後は149キロフォークで遊ゴロに仕留めた。

 この日投じた15球中、ストレート8球は全て160キロ超え。そのうち、3球で165キロを記録した。試合後にお立ち台に立った中田も「いやぁ、すごいね」と驚嘆の声を漏らした。