あと一本が出ずに0-6で完敗、仙台育英と「決定的な差」

 高校野球の秋季東北大会は16日、準々決勝4試合が行われた。荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたの第1試合では、八戸学院光星(青森第2代表)が仙台育英(宮城第1代表)に0-6で敗戦。4年連続の選抜大会出場は絶望的となった。

 仙台育英の左腕エース・長谷川拓帆の前に放った安打はわずか4安打。四球などで好機はあったが、あと一本が出ずに完封負け。仲井宗基監督は「攻撃の調子やチームとしての勢いが県大会から上がらず、逆に落ちてしまった。決定的な差は、仙台育英がファーストライクを振ってきたのに対し、ウチは見逃したこと」と肩を落とした。

 八戸学院光星は先月3日、仙台育英と練習試合をしていたが、東北大会での対戦を見据え、エース・向井詩恩は投げさせなかった。満を持してエースをあてたかった八戸学院光星だったが、誤算があった。前日の不来方(こずかた、岩手第2代表)との2回戦。2回までに2点を奪ったものの、3回以降は得点できず、先発したエース・向井詩恩を途中で代えることができなかったのだ。完投したエースをこの日の先発にはできなかった。

 また、仙台育英との練習試合で1年生の成田太一が好投を見せたが、「まだ体力がなく、終盤につかまる可能性がある」と仲井監督。そこで、この日は背番号11の國武大祐に先発を任せた。

選抜出場は絶望的も…来夏へ「可能性は秘めている」

 國武は初回に3四死球を与えて1点を失ったものの、4回までしのいだ。ところが、5回から仙田光に代えると、4連打などで3失点。仲井監督は「仙田は練習試合でいいピッチングをしていたが……、交代は私のミス」と悔やんだ。

 選抜大会には14年から3年連続で出場していたが、今大会は準々決勝で敗退となり、4年連続での出場は絶望的になった。「今年は春、夏と甲子園に行ったので、鍛える時間が少なかったのが今のチーム。試合経験も少なく、私との信頼関係もまだまだ築けていなかった。個の力はないので組織力野球をするぞと言ってきたが、全くできなかった。鍛え方が甘かった」と指揮官。監督の意図が伝わりきらなかったり、状況に応じた役割を理解していなかったりと課題が見えた。

 東北大会8強で今年の公式戦は終了。仲井監督は「気持ちは弱いが、いい子たち。可能性は秘めているし、1年生にも戦力になりそうな選手はいる。今シーズンは終わったので、来年の夏、甲子園に行けるように頑張ります」と気持ちを切り替えていた。

高橋昌江●文 text by Masae Takahashi