CSファイナル第5戦の再現は? 「全部洗って勝ちやすい形で」

 日本ハムの栗山英樹監督が18日、広島との日本シリーズ(22日?)に向けて、大谷翔平投手の起用法に改めて言及。日本一に輝くために、ソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦のように、二刀流右腕を全試合で「DH→抑え」として起用する仰天プランも検討したことを明かした。大谷は第1戦での先発が有力視されている。

 大谷はCSファイナルステージ第5戦で「3番・DH」で先発出場。3点リードの9回にDHを解除して守護神としてマウンドに上がり、圧巻の投球を見せた。日本最速を更新する165キロを3度もマークし、151キロのフォーク、148キロのスライダーといった衝撃的なボールを連発。1回無安打無失点2奪三振で自身プロ初セーブを挙げ、チームをCS突破に導いた。

 日本シリーズでも起用法に大きな注目が集まるが、栗山監督は「全部DHから全部抑え。いろんなことを考えるから。(起用法を)全て洗った。全部洗って勝ちやすい形で」と明かす。CS最終戦の起用法を日本シリーズでは全試合で再現するプランも検討したという。

大谷の体への負担を考慮、「壊れちゃうところまで行かせてはいけない」

 一方で、「申し訳ないけど、無理させすぎているから。壊れちゃうところまで行かせてはいけないので。そこは様子を見ながら。あそこ(CS)まで無理すると言って来たし」とも言及。勝ち試合の全てで「DH→抑え」で起用すれば、負担が大きすぎることは確か。常に大谷の体の状態を第一に考えて、絶妙な起用法を見せてきた指揮官だけに、無謀な策を取ることはなさそうだ。

「最後まで探るよ。 動いてみないと分からないことがあるので。第1戦(で先発)と言ってないよ、まだ。最後の最後まで。どれが1番いい勝ち方になるのか」

 第1戦で先発し、その後は野手として出場し、シリーズがもつれれば中6日の第6戦で再びマウンドへ――。この形になる可能性が最も高いと見られるが、栗山監督は大谷の第1戦での先発を明言しなかった。これまでのように、周囲があっと驚く起用法を考えているのかもしれない。