甲子園常連校同士の対決制す、佐々木監督は「ホッとしているというよりも嬉しい」

 高校野球の秋季東北大会は18日に準決勝2試合が行われた。第1試合では仙台育英が聖光学院に3-1で逆転勝ちし、2年ぶりに決勝進出。来春の選抜大会出場を当確にした。

 勝てばセンバツ大会出場に大きく前進する大一番。仙台育英は2回に先制を許したが、5回に逆転すると、8回にも1点を加えて聖光学院を3-1で下した。佐々木順一朗監督は「試合前は『今までの経験を出し切ると、信じているから』と話しました。今は、ホッとしているというよりも嬉しい感じが強いです」と喜びをかみしめた。

 苦しいゲームだった。3試合連続で先発したエース左腕・長谷川拓帆が2回、先頭打者に四球を与えると、次打者に右中間を破られ先取点を献上した。初戦の角館戦も2回に先制を許し、準々決勝も2回に1死満塁とピンチを背負うなど、2回は“鬼門”だった。3、4回の攻撃で走者を三塁まで進めた仙台育英だったが、ホームは遠い。2回の1点が重くのしかかる。

 5回には2死一、二塁から1番・小泉徹平に右安でつながれ、2死満塁とされた。仙台育英はタイムを取り、ベンチから伝令の加藤健太がマウンドに走った。一呼吸を入れ、プレー再開。聖光学院の打者は2番・大平悠斗。1ボールからの2球目の134キロの直球を捉えられた。

 打球はセンターに抜けたかと思われたが、仙台育英の遊撃手・西巻賢二主将が追いついた。飛び込んだ姿勢のまま腕を伸ばして、グラブで二塁ベースをタッチ。「ボールに集中して、地面にグローブをつけていたので。ランナーも埋まっていて、送球しなくてよかったことも余裕を持てました」と振り返った。

西巻主将が投打で活躍、2年ぶりの東北大会優勝目指し決勝へ

 このビッグプレーの直後の攻撃で仙台育英は逆転した。1死一、二塁から1番・西巻がレフトの頭上を越す二塁打を放って同点。2番・斎藤育輝が打ち上げたセンターフライは浅かったが、三走・長谷川がホームへ激走し、試合をひっくり返した。6、7回と三者凡退に終わったが、8回には2死三塁で4番・尾崎拓海が適時打を放ち、1点を追加した。

 一瞬たりとも気を緩めなかった。佐々木監督は「ずっと、怖かったですね」と言った。相手の聖光学院は初戦で延長戦を突破。準々決勝も一時逆転を許したが、徐々に追い上げて勝利と聖光学院らしいしぶとさを発揮していた。西巻主将は「聖光学院は後半に強い。落ち着いてやろうと思っていました」と振り返る。

 ベンチでは、「引き締めろ」「緩むな」といった言葉がけをし、27個目のアウトを奪うまで緊張の糸を切らさなかった。守備でも、走者がたまると二塁手の斎藤はエース・長谷川の元によく駆け寄った。「聖光学院は勢いがあるので、冷静にいこうと言っていました。あとは気持ちだ、と」。聖光学院に流れが行きそうな時に間をうまくとり、1時間57分の集中を保った。

 2年ぶりに決勝進出を果たし、来春の選抜大会出場が確実になった。「あくまで通過点です」と西巻主将。佐々木監督も「(今日の結果は)素直に嬉しいが、明治神宮大会もあるので、神宮に行きたいと思って過ごしたい」と話した。2012年、14年と東北大会を制し、明治神宮大会でも優勝した仙台育英。今年もまずは秋の大舞台に立つため、決勝戦に全力を注ぐ。

高橋昌江●文 text by Masae Takahashi