足首負傷の守護神が帰国「100%を出せない」「リハビリと強化に専念」

 日本ハムは19日、クリス・マーティン投手が米国に帰国したと発表した。これにより、22日から始まる広島との日本シリーズは欠場となる。

 マーティンは9月に左足首を負傷して離脱。クライマックスシリーズで一時復帰したが、再び戦列を離れていた。

 マーティンは球団を通じて「話し合いと熟考の結果、足首のリハビリのために帰国することを決断しました。この怪我により自分が100%のパフォーマンスを出せなかったことと、これ以上、チームメイトやファンの皆様の期待を裏切りたくないという気持ちから、今回の決断に至りました。来シーズン、もっとファイターズのために貢献出来るように、足首のリハビリと強化に専念したいと思っています。また、チームの皆様の日本シリーズでの健闘を祈っています」とコメント。大一番での守護神不在は日本ハムにとって痛手となる。