文=伊藤友治

加害者情報だけが突出する歪な報道
亡くなった人が希薄になりゆく感覚

 どうにも違和感を拭い払うことができない。7月下旬、神奈川県相模原市の障害者福祉施設で45人が殺傷された事件をめぐる報道についてである。

 戦後の犯罪史に残る凶悪事件だというのに、被害者の氏名や住所など肝心な情報は視聴者に閉ざされている。加害者側の情報ばかりが先走る報道の構図は、均衡を欠く歪なものと言うほかない。そのためだろう。事件の実相が少しも伝わってこない気がする。

 一部の全国紙は発生翌日の27日付朝刊で、神奈川県警が「家族の強い要望」を理由に被害者の名前を一切公表しない方針であると報じた。とくに毎日新聞はその記事を1面に掲載した。氏名の公表をめぐって捜査当局と報道機関の間に相当の確執があるに違いない―――そう直感した私は、ある民放局の報道幹部に事情を聴いてみた。

 やはり想像した通りだった。神奈川県警側は「被害者の多くが重度の障害者であり家族や関係者の様々な事情に特別な配慮が必要だ」と主張し、死亡した19人の性別と年齢を発表するにとどまった。それに対し、県警記者クラブ側は氏名の公表を強く求めており、話し合いは平行線のままだという。

 私が、より踏み込んだ被害者情報に接したのは、27日放送の日本テレビ「NEWS ZERO」が最初だった。殺害された被害者一人ひとりについて、その性別と年齢をテロップ付きで伝えていた。入手し得る情報を、ぎりぎりの範囲まで視聴者に伝え、事件の実相に少しでも近づこうとする報道姿勢に好感が持てた。