美しいグラフィックと詳細なメカ描写を持つMMOの宇宙船シムとして根強い人気を持つ『Elite Dangerous』ですが、32bitOS及びDirectX10のサポートを終了することが同作の公式フォーラムにて発表されています。

フォーラムの投稿によれば、このサポート終了は4k, 8kサポートやVRのような最新のテクノロジーへの対応や、拡張版『Elite Dangerous: Horizons』のシェーダー計算に際し、扱えるメモリ量に大きな制限が掛かるためとのこと。また、DirectX10においては別のレンダリング方法を用意する必要があるため、これらのサポート終了によってさらなる高品質なエフェクトの実装が可能となるようです。

同作のプレイヤー中32bitOSの利用者は0.5%、DirectX10の利用者は2%となっており、前者はOS入れ替えで継続してプレイ可能なものの、後者についてはグラフィックボードの更新が必要となるとのことです。

『Elite Dangerous』はSteamにてPC/Mac/Linux向けに3,520円にて販売中です。