サイバーエージェントの連結子会社であるCyberZは、Cygamesが提供するカードゲームバトル『Shadowverse』を競技タイトルとしたe-Sports大会「RAGE」の開催概要を発表しました。

「RAGE」はCyberZが運営する国内のe-Sports大会で、複数のゲームタイトルを採用し、年間を通して大会を開催。『Vainglory』『ストリートファイターV』に続く、第3回目の開催となる今回は、オフライン予選大会を10月22日(土)23日(日)、決勝のグランドファイナルを11月23日(水・祝)に行うとのこと。

本大会の賞金総額は700万円で、これまで開催された「Shadowverse」の大会において過去最高の金額。また、今後の、大会開催に関する追加情報は、RAGE公式サイトにて順次公開していくと伝えています。さらに、「RAGE」における各試合はCyberZが運営するゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」にて配信するそうです。

■RAGE Vol,3 開催概要(1)エントリー
‐エントリー期間:2016年9月20日(火)18:00〜2016年10月3日(月)18:00
‐募集人数:1,024名
‐エントリーページ:https://sv.rage-esports.jp/news/47
※本大会はどなたでも無料で参加ができるオープンな大会で、使用する端末は大会運営側が用意。参加者によるカードの優劣はございません
※エントリー多数となった場合は抽選にて参加者を決定いたします(2)予選大会
-開催日:10月22日(土)、10月23日(日)
-会場:サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F(会場公式サイト)
※予選 2 日目(23 日)は、予選 1 日目(22 日)を勝ち進んだ 128 名が参加します
※予選 2 日目の 23 日(日)は、一般観戦のスペースを入場無料でご用意しております(3)決勝大会
-開催日:11月23日(水・祝)
-会場:ベルサール秋葉原(会場公式サイト)
-形式:予選大会上位8名によるトーナメント戦
-賞金:総額700万円