カプコンより発売予定の人気サバイバルホラーシリーズ最新作『バイオハザード7 レジデント イービル(RESIDENT EVIL 7 biohazard)』。本作のSteamページがアップデートされ、PCスペックの推奨/最低環境が発表されました。

シリーズ初のアイソレートビューを採用し、新開発された「REエンジン」によるフォトリアルなグラフィックも注目の本作ですが、グラフィックカードであれば最低がNVIDIA GeForce GTX 760もしくはAMD Radeon R7 260x、推奨がNVIDIA GeForce GTX 960/AMD Radeon R9 280Xもしくはそれ以上、となっています。なお、これらのスペックは変更になる場合があるとのことです。

■最低環境OS: WINDOWS 7,8,8.1,10 64-BITプロセッサー: Intel Core i5-4460, 2.70GHz/AMD FX-6300もしくはそれ以上メモリー: 8 GB RAMグラフィック: NVIDIA GeForce GTX 760/AMD Radeon R7 260xDirectX: Version 11追記事項: ハードウェア仕様目標1080p/30fps。ゲームのアクティベーションのため、インターネット接続が必要です。このゲームはいまだ開発中であるため、全てのPC要件が変更されることがあります。
■推奨環境OS: WINDOWS 7,8,8.1,10 64-BITプロセッサー: Intel Core i7 3770 3.4GHz/AMDもしくはそれ以上メモリー: 8 GB RAMグラフィック: NVIDIA GeForce GTX 960/AMD Radeon R9 280Xもしくはそれ以上DirectX: Version 11追記事項: ハードウェア仕様目標1080p/60fps。ゲームのアクティベーションのため、インターネット接続が必要です。このゲームはいまだ開発中であるため、全てのPC要件が変更されることがあります。
『バイオハザード7 レジデント イービル』はPS4/Xbox One/PCを対象に、2017年1月26日発売予定です。