●Gaming Nexus: 95/100(Xbox One)
Frostbiteエンジンは『FIFA』シリーズのメカニクスを更に良いものへと仕上げ、AIもより賢くチャレンジングになり、そのゲーム性を新次元へ導いた。Ultimate TeamモードやPro Clubsモードがプレイヤーの求める修正を受けた一方で、Journeyモードは一部のプレイヤーにとって新たなシングルプレイモードとして受け入れにくい部分があるかもしれない。●COGconnected: 93/100(Xbox One)
●Attack of the Fanboy: 90/100(Xbox One)
●God is a Geek: 80/100(Xbox One)


●LevelUp: 88/100(Xbox One)
●IGN: 84/100(PS4/Xbox One)


『FIFA』シリーズは初心者から玄人までのすべてのフットボールファンに向けたもの、とのことだが、筆者としてはEA Sportsシリーズはもう少し基礎部分にフォーカスしてもらいたいと未だに願っている。コナミがフィールド部分をハンドリングし、FIFAがその他の部分を担当することで、完璧なフットボールゲームが完成するだろう。しかし、『FIFA』にはライセンシングや信頼性、壮大な試合の雰囲気といった、前述した短所を埋め合わせる以上の別の魅力が十分に詰め込まれている。●We Got This Covered: 80/100(Xbox One)
●USgamer: 80/100(PS4)
●Digital Spy: 80/100(Xbox One)
●Eurogamer Poland: 80/100(Xbox One)
もしEA Sportsがこの方針とプランを以って来年まで突き進んでいくのなら、シナリオに当るモードは改善するべき。既に将来性を見越した素晴らしい土台は組み上がっているのだが、欠陥がないとは言えない。幸い、新エンジンやその他においては比類なき魅力があり、プレイしやすくやりがいのあるゲーム性のモードは今年の『FIFA』を素晴らしい名作に仕立て上げている。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
海外で9月27日よりリリース予定のシリーズ最新作『FIFA 17』の海外レビューをお届けしました。MetacriticでのXbox One版平均スコアは86点(総レビュー数22件)。PS4版も同じく86点(総レビュー数7件)をマークしています。他機種においては、本記事執筆時において平均スコアが算出されていません。

Frostbiteエンジンによるリアリズムに満ちた描写は概ね好評を博し、ビジュアル面では「最も研ぎ澄まされたルックス」と評されるほどの仕上がりになった模様。しかしながらストーリーモード「The Journey」はひとつの目玉として取り上げられているものの一部で辛口評価が見られ、ゲームモードとして今後も続投するのであれば更なる改善を要するといったレビューが目立っていました。


『FIFA 17』はPS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/PCを対象に、2016年9月29日より発売予定です。