9月23日に配信された『ストリートファイターV』のバージョン1.09ですが、直後よりPC版ではゲームが起動できなくなったとの報告が相次いだため、カプコンはそれに対処するための暫定措置アップデートを実施しました。国内公式ブログにおいてアップデート手順が伝えられています。

9/23に行われたPC版のアップデートにて
多数のプレーヤーからゲームが起動できないという症状をいただきました。

急遽症状改善のための暫定措置としてアップデートを行いました。
下記手順でアップデートを実行してください。

1.ストVゲームアプリを終了してください

2.Steamクライアントはそのままにしておいてください。ストVゲームアプリのアップデートが自動で始まります。

3.アップデートが終了しましたらPCを再起動してください。

今回のアップデートにより『ゲーム起動時の告知ウィンドウ』が表示されなくなりますが、正常な動作となります。
実行ファイルの改ざんによる不正行為(チートやゲーム内通貨の不正入手など)を防ぐために追加された新たなセキュリティ機能が影響を及ぼしていたようで、今回の暫定措置アップデートによりその機能は削除されました。新参戦キャラ“ユリアン”を含む9月の追加コンテンツについてはそのまま利用できるとのことです。

なお、問題となったセキュリティ機能では、OSのsystem32フォルダにWindowsカーネルレベルのアクセス権を持つシステムファイルの作成を行っていたそうで、ユーザーからは「マルウェアのようだ」とセキュリティ上の懸念が指摘されていました。