インディーSFホラー『SOMA』開発元Frictional Gamesは同作リリースから1年が経過したことを報告しながら、PC/PS4版における合計売り上げ本数が45万本を突破したと発表しました。

『Penumbra』シリーズから始まり『Amnesia』で一躍有名となったFrictional Gamesですが、『SOMA』のセールスは『Amnesia』が記録した39万本を大きく上回る数を記録したとのこと。『Amnesia』はPCに向けてのみ販売、『SOMA』は海外でPC/PS4に向けてリリースしていたことも影響下にあると考えられていますが、それでも尚“『Amnesia』開発元の新作”と打ち出されてリリースされた『SOMA』はスタジオが自負するほどの成功作となった模様。Frictional Gamesはこの45万本セールス達成を発表すると共に、開発/販売コストの総額を回収できたと報告しています。


『SOMA』は海外PS4版のほか、PC(Windows/Mac)版がSteamにて販売中。インディーホラーの巨塔とも言えるスタジオに成長したFrictional Gamesは現在「2つの新プロジェクト」を手掛けており、そのうちの1つは2016年末にもプロダクションが始動予定。どちらも現時点で新情報を明かすことはできないようですが、うち1つは2016年末、もう1つは2017年初頭にもアナウンス予定とのこと。ホラータイトルを好む方は今後の動向も要チェックです。