海外ゲームデベロッパーThe Farm 51より、「チェルノブイリ原子力発電所」に焦点を当てたVRプロジェクト『Chernobyl VR』のHTC Vive向け拡張エディションをリリースすると共にOculus Rift版への新たなアップデートを配信しました。併せて、360度視点で見渡せる同作メイキング映像も公開されています。

チェルノブイリ原発事故から30年が経った2016年、ドキュメンタリー的な側面を持つ作品としてリリースされていた『Chernobyl VR』。HTC Vive版リリースに併せてOculus Rift版にも配信された新アップデートでは、新たなナレーションやインタビュー、追加マップなどを収録します。YouTubeで公開された360度視点映像では、事故の影響を受けた建造物のマップをナレーション付きでチェック可能。作品内の雰囲気やThe Farm 51の意欲的なスタンスが垣間見える4分ほどの内容となっています。



純粋なエンターテイメント作品に留まらず、社会問題にも目を向けた資料価値のある本作は、Oculus StoreおよびG2A(開発元公式)、Steamで販売中です。