EA DICEが開発し、シングルプレイヤートレイラーも公開されたばかりのシリーズ最新作『バトルフィールド 1(Battlefield 1)』。本作のシングルプレイヤーモード詳細が国内公式サイトにて一部明らかになりました。

本作で体験できる一連のシングルプレイヤーキャンペーンは「大戦の書」と呼ばれ、特徴的な経歴や技術を備えた複数の主人公達にフォーカス。ストーリーの根幹は“人”にあるとのこと。 戦争が舞台となっていることは違いありませんが、その中心は歴史や戦闘ではなく、あくまで一人一人の人物の体験だ、としています。

複数の主人公を設定した背景については、第一次世界大戦の幅広い舞台をひとりのキャラクターが点々としていくのは状況への没入感を損ない、歴史上の設定にも反すると考えたそうです。そのため、本作ではアンソロジー形式を採用し、各キャラクターのそれぞれのストーリーを掘り下げる手法をとっています。

例の1つとして、「血と泥濘の先に」というエピソードが存在。このエピソードは、大戦後期が舞台で、イギリス軍Mark V戦車の乗員を中心としています。 ここでの主人公は戦車の操縦手を任された若い兵士ダニエル・エドワーズ。 しかし、エドワーズは、凄腕のスナイパーでも、爆弾処理の専門家でもなく、 元々はお抱え運転手で、戦場に到着したばかりの志願兵です。

主人公は最新の兵器を扱った経験がなく、操縦法から学ぶ必要があります。与えられた時間はわずかであるため、同じ戦車の乗員仲間に認めてもらおうと主人公は努力します。ストーリーでは仲間同士の関係の変化も描かれ、まさに“人”を中心とした物語となっています。

また、本作ではリニアと自由度を両立させたゲームプレイを実現しており、「血と泥濘の先に」には、「Fog Of War(戦場の霧)」というパートがあるとのこと。このパートで舞台となるのは、濃い霧に覆われた森。 視界が悪いためプレイヤーは戦車の前を徒歩で進み、敵の野営地を排除していく必要があります。 好みに応じ、敵の対戦車兵器を爆薬で派手に吹き飛ばすことも、忍び寄って格闘攻撃で静かに敵を仕留めていくこともできるそうです。

さらに、野砲が置かれた拠点に遭遇することも。その場合は、戦車を守るために野砲を破壊できるほか、奪って敵に使用できたり、敵戦車の乗員を倒したりできます。これらはすべて、マルチプレイヤーと同じようにプレイヤーに自分のスタイルで遊んでもらうための工夫とのこと。

一方で、本作では、実在の人物アラビアのロレンスこと、トーマス・エドワード・ロレンスとともに戦えます。オスマン帝国軍はトルコ語で「野獣」を意味する「ジャナワール」という巨大な装甲列車を有し、この「ジャナワール」に装備された巨大な大砲は数キロをまたいで攻撃可能。 絶大な威力を誇るオスマン帝国軍の大砲に、反乱勢力は馬からライフルを撃って立ち向かいます。


このパートでプレイヤーはロレンスの右腕と評されるアラブの反乱兵としてプレイ。 このキャラクターは、敵拠点の偵察から必要な装備の奪取、装甲列車を最終決戦へと引きずり出す工作まで、さまざまな行動が求められ、幅広いプレイスタイルを駆使する必要があります。 派手に行動するか密かに行動するか、長距離から挑むか接近して挑むか、馬に乗るか他の乗り物を使うか、すべてがプレイヤー次第です。

『バトルフィールド 1』は、PS4/Xbox One/PCを対象に10月21日発売予定です。