inXile Entertainmentは世紀末世界を舞台にした、有名RPGシリーズ最新作『Wasteland 3』をPC/Mac/Linux/PS4/XB1向けに製作中であること及び、同作のクラウドファンディングを開始することを発表しました。

『Wasteland』は1988年に第1作が発売された、全面核戦争後の世紀末世界を舞台にしたRPGシリーズで、人気RPG『Fallout』の源流ともなっている作品。公式サイト上に情報はまだ掲載されていませんが、海外サイトkotakuなどによれば、今回発表された最新作『Wasteland 3』は、氷に覆われたコロラド州を舞台に、デザート・レンジャーの1部隊の生き残りとなり、冒険を繰り広げていく内容となるようです。

内容面では前作『ウェイストランド 2(Wasteland 2)』のゲームシステムを引き継ぎつつも、チームに作用するアビリティや乗り物の導入、会話ダイアログシステムの刷新、そしてシリーズ初となるマルチプレイCo-opを特徴としています。

また、本作も前作同様、クラウドファンディングキャンペーンを行うことが、公式サイト上とクラウドファンディングサイト“Fig”のページ上でのカウントダウンという形で告知が始まっています。カウントダウンは日本時間で10月6日に終了予定です。

『Wasteland 3』の発売予定はまだ明らかになっていません。