先日SteamにてPC/Mac版がオープンベータに突入しSteam早期アクセスを開始したチームベースFree-to-Playシューター『Paladins: Champions of the Realm』ですが、デベロッパーのHi-Rez Studiosは本作のPS4/Xbox One版リリース決定を海外向けに発表しました。


Hi-Rez Studiosによれば『Paladins: Champions of the Realm』は開発初日からコンソール展開を視野に入れいたとのことで、操作系の確認のために何人かの有名コンソールゲーマーの協力も得たそうです。現在、公式サイトではクローズドベータへの参加申込みが受付中(PS4/Xbox One)です。


ちなみに本作はBlizzard Entertainment手がける『オーバーウォッチ』との類似性が多くのゲーマーから指摘されていましたが、Hi-Rez Studiosの共同創立者Todd Harris氏は、『Paladins』が『オーバーウォッチ』の発表よりも前に開発がスタートしたこと、クラス能力を含むゲームデザインは同社過去作品『Global Agenda』や『Smite』などからインスパイアされていることをredditにて主張しています。

『Global Agenda』(2010)のヒーラー

ゲームにおけるフックの歴史