9月29日、任天堂から国内向けに発表された家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。海外ではファミコンではなくNES版として「Nintendo Classic Mini: NES」がおおむね同等のハードとして発表されていましたが、「ファミコン」に対するフェチズムにも近い愛情は「NES」に親しんだであろう海外ゲーマーにとっても共通だったご様子。今回の海外ゲーマーの声では、そんな「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」日本国内での発表を受けた反応を紹介します。


「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(以下、ミニファミコン)」と「Nintendo Classic Mini: NES(以下、Mini Nes)」では収録タイトルに若干の差異があり、『つっぱり大相撲』は国内のみ、『テクモボウル(Tecmo Bowl)』は海外のみといったように地域限定のものも含まれています。これについて海外のレトロゲームファンは「スモウゲームが入ってるじゃん、なんでNES版にはないんだ?『くにおくん』も欲しいな」「個人輸入して買うけど『ドラクエ』が入ってないのは意外」「Mini NESより気に入った!」など続々コメント。「Mini NES」が発売されるにもかかわらず、「ミニファミコン」購入を検討するユーザーは少なくないようです。



ちなみに、「ミニファミコン」「Mini NES」ではそれぞれユーザーインターフェースにも変化が見られます。当然ながら国内版は日本語表記になりますが、それでもなお「ミニファミコン」を求めるファンも見られ、「トリセツまでスキャンされてたらマジで最高」といった声も。コントローラーのサイズに至っては海外のゲーマーにとってはあまりにも小さく映ったのか、「満足にプレイできないかも」「ゲームボーイミクロみたいに遊べそうでキュートだ」といったようなコメントまで見られていました。ちなみに、各ハードの収録タイトルは以下のとおり。海外版限定の収録タイトルが気になる方や「NES」を模した「Mini NES」のフォルムにそそられた方は、個人輸入も検討してみてはいかがでしょうか。

■「Mini NES」のみ収録
『BUBBLE BOBBLE(バブルボブル)』
『Castlevania II: Simon’s Quest(ドラキュラII 呪いの封印)』
『Donkey Kong Jr.(Donkey Kong Jr. )』
『FINAL FANTASY』
『Kid Icarus(光神話 パルテナの鏡)』
『Punch-Out!! Featuring Mr. Dream(パンチアウト!!)』
『StarTropics』
『TECMO BOWL(テクモボウル)』

■「ミニファミコン」のみ収録
『イー・アル・カンフー』
『アトランチスの謎』
『ソロモンの鍵』
『つっぱり大相撲』
『ダウンタウン熱血物語』
『ファイナルファンタジーIII』
『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会』
『マリオオープンゴルフ』