2016 World Championshipも開始を迎えた人気MOBA『League of Legends』。そんな中、Steamにて10月に、『League of Legends』を題材にしたファンメイドのクイズゲーム『League Of Guessing』が登場するようです。

この『League Of Guessing』は画面に表示された、最大で4つのスキルの絵を見ながら、その絵が示しているチャンピオンの名前をタイピングして当てるというクイズゲーム。3対3のマルチプレイヤーにも対応しているようです。

ファンメイド作品がSteamに、ということで気になるのは権利関係ですが、『League of Legends』運営のRiot Gamesは『League of Legends』二次創作に関するガイドラインを出しています。知識量も重要となるMOBA、空き時間に少しでもスキルとチャンピオンの対応を頭に入れたりするのに本作は役に立つこともあるかも知れません。

『League Of Guessing』はSteamにてPC向けに無料で10月リリース予定です。