2009年に登場したファンメイドマリオゲーム『Super Mario Bros. X』の最新バージョン2.0が公開されたようです。新機能を紹介するトレイラーも公開。


本作は『スーパーマリオブラザーズ』、『スーパーマリオブラザーズ2』、『スーパーマリオブラザーズ3』、『スーパーマリオワールド』、さらには『リンクの冒険』、『スーパーメトロイド』まで、クラシックな2Dアクションゲームの要素を詰め込んだ作品です。バージョン2.0では新たなNPCやプレイアブルキャラクター、新エディターなどを特色としています。


『Super Mario Bros. X』はファンの愛情が込められた作品とは言え、あくまでも非公式。過去の例のように、任天堂が公開停止を求める可能性も十分に考えられます。ファンは今後の展開が気になるのではないでしょうか。


ちなみに余談ですが、『Super Mario Bros. X』を最初に開発したのは、大ヒットサンドボックスゲーム『Terraria』を手掛けたAndrew “Redigit”Spinks氏なのだそうです。