HyperXは、高いコストパフォーマンスを実現したゲーミングヘッドセット「Cloud Stinger」を発売しました。

本製品は、カジュアルゲーマーでもプロと同等の環境を体験できることをテーマに設計されたもので、低反発クッションや50mmのドライバーにより、高品質のサウンドと快適な装着感を実現。本体重量は275gで、イヤーカップも90度まで回転するようになっており、長時間の装着でも快適だとしています。また、マイクはブームタイプのノイズキャンセリング機能付きを備えており、上に跳ね上げるだけでミュートができ、さらにイヤーカップ部にはボリュームコントロール用のダイヤルを装備し、気軽に音量調整が行なえます。

対応プラットフォームはPC/Xbox One/PS4/Wii U/モバイルで、2年間の製品保証が付属しています。

ゲーマーでもあるNBA選手のゴードン・ヘイワードのコメントは以下の通りです。

HyperX Cloud Stingerを試してみて、HyperXの作るヘッドセットは本当に素晴らしいと初めて実感しました。音質は間違いなく優れています。シーズンの間、移動先へ持ち込んでゲームのオンライン対戦や音楽等の用途で活用しましたが、HyperX Cloud Stingerはこの価格帯のヘッドセットとして最高の製品だと思います。
「HyperX Cloud Stinger」は、10月4日よりオープン価格で販売中です。
■HyperX Cloud Stinger製品仕様
ヘッドホン部
ドライバー: ネオジム磁石、ダイナミック50mm径
タイプ: サーカムオーラル、密閉型
対応周波数: 18Hz-23,000Hz
インピーダンス: 30Ω
音圧レベル: 102±3dBSPL/mW(1kHz)
T.H.D.: 2%未満
入力電圧: 定格30mW、最大500mW
重量: 275g
ケーブル長: ヘッドセット(1.3m)+延長Y字ケーブル(1.7m)
接続方式: 3.5mmミニプラグ(4極)+3.5mmステレオ&マイクプラグ(延長Y字ケーブル)

マイク部:
タイプ: エレクトレットコンデンサーマイク
極性パターン: 単一指向性, ノイズキャンセル
対応周波数: 50Hz-18,000 Hz
感度: -40dBV (0dB=1V/Pa、1kHz)