Steel Crate Gamesが開発を手掛けた共同爆弾処理ゲーム『Keep Talking and Nobody Explodes』のPS VR版海外発売日を本体発売と同日の10月13日に決定しました。

本作は、1人の爆弾解除役と1人または複数のマニュアル確認役に分かれて爆弾を解除していくタイトル。爆弾解除役のプレイヤーは、爆弾に仕込まれたボタンや配線の仕掛けをチェックし、色や形状を口頭でマニュアル確認役に伝えます。マニュアル確認役は、その口頭で伝えられた内容を基にマニュアルに書かれた爆弾の解除方法を教えていく、というシステムです。

映像を見れば分かるように、PS VR版では、ヘッドセット着用者が爆弾を解除し、他のプレイヤーがテレビ画面に表示されるマニュアルを確認できます。Game*Sparkでは、PS VRがまだモーフィアスという名称だったころに今作のプレイレポをお伝えしていますが、この時点で爆弾処理マニュアルはWebページからダウンロードするか、スマートフォンやタブレットのアプリから見れるようにしたい、としていたので、仕様の変更も行われた模様です。

PS VR版『Keep Talking and Nobody Explodes』は、海外で10月13日発売予定。なお、Windows/Mac版はすでに配信されており、HTC ViveやOculus Riftのほか、Gear VRにも対応しています。