Ubisoftより、9月中旬に開催されていた『For Honor』海外向けクローズドアルファテストのプレイデータ統計が公開されました。

海外では9月15日から18日にかけて行われていた『For Honor』クローズドアルファテストですが、3日間にわたるテスト期間の中で最もプレイヤーから選択されていたのは「侍」勢力のヒーロー“オロチ”、次点が「ナイト」勢力の“ウォーデン”だった模様。1v1モードでの勝利レートの王座に立ったのは「ヴァイキング」勢力の“レイダー”であり、次点に「侍」の“オロチ”、“剣聖”がランクインしました。

テスト期間中の平均プレイ時間は4時間38分、55%のゲームで4v4のドミニオンが選択されており、同モードの1ゲームあたりの平均プレイ時間はPvP時において8分ほど。そんな中、海外のとあるテスト参加者は“オロチ”を選択して53時間ほどプレイし続け、Reputation 6となるレベル121まで成長していたとのこと。レベル21(Reputation 1)に到達したユーザーが全体の5%しかない中で叩き出されたこの数字は驚異的なものと言えるでしょう。本作は国内で10月中にアルファテストを実施予定。対象機種はPS4としています。

※インフォグラフィック全体図。クリックでUbiblogの原寸大サイズを表示します。