HBO新作ドラマ「Westworld」の製作総指揮ジョナサン・ノーラン氏は米VICEのインタビューに応じ、同作品が『The Elder Scrolls V: Skyrim』や『Red Dead Redemption』、『BioShock』などのビデオゲームから強い影響を受けている旨を語りました。

「Westworld」は1973年に製作されたマイケル・クライトン監督の同名映画をベースにした新作ドラマシリーズ。現代版とも言える今作の製作を指揮するJonathan Nolan氏はVICEのインタビューの中で、「ビデオゲームの中にはたくさんの魅力的なストーリーテリングが息衝いている」とコメントしながら、『Skyrim』や『RDR』、そしてBioWare開発のサンドボックスゲーム(名称不明)から「モラリティーの多様性」を特徴として見出し、「物語の主人公が持つ“道徳”をどのように描くか」という“魅力的な挑戦”に取り組んだ旨を明かしました。

また、参考とした作品の中でも『Skyrim』のNPCからは「プレイヤーがそこにいようがいまいが“生きている”」ことに興味を持ったとのこと。クリエイターKen Levine氏が手掛けた『BioShock Infinite』のコメンタリー映像にも目を通し、開発者やデザイナーがその手で生み出した「キャラクター達への愛情」には特に注目したようです。

Nolan氏が手がける「Westworld」は海外で10月2日より放映中。日本でも人気を博す名作ゲームから影響を受けた同作品は、海外ゲームユーザーなら気になるところではないでしょうか。