俳優キアヌ・リーブス主演で人気を博し、続編も制作中の人気映画「ジョン・ウィック」。現在開発されている本作のVRゲーム版が、現地時間10月6日より行われるNew York Comic Conにてプレイアブル出展されることが判明しました。

過去にもお伝えしたことがある本作は、ランス・レディック扮するマネージャー、シャロンがいることでお馴染みのホテル・コンチネンタルを中心としており、ゲームジャンルはFPSです。制作には、Starbreeze、Lionsgateのほか、開発としてWEVRとGrabが関わっています。

New York Comic Conに出展される本作は『John Wick Chronicles: An Eye For An Eye』と名付けられ、本作最初のミッションを7分にわたって体験できるとのこと。また。2016年末までにロサンゼルスでオープン予定の「IMAX VR Center」にも、StarVR(AcerのHMD)用の本作が登場するそうです。


なお、『John Wick Chronicles』の詳細な発売日は現時点で未定となっています。