●Hobby Consolas: 92/100


『ドラゴンクエストビルダーズ』は『マインクラフト』のゲームプレイと『ドラゴンクエスト』シリーズの伝統的な要素を融合し、驚くべき成果を収めた。敵キャラクターや新たなクリエイティブオプションなどの新要素が常に広がり続ける本作はプレイヤーの心を恐ろしいほどに掴むし、もし複雑なゲーム性に見えたとしても、きっとスムーズに遊んで楽しむことができる。●Time: 90/100
●Playstation Universe: 90/100
●PlayStation LifeStyle: 85/100
●Eurogamer Italy: 80/100
●GamesRadar+: 80/100
いくつか問題を抱えてはいるものの、『ドラゴンクエストビルダーズ』は諸手を挙げてオススメできるタイトルだ。このジャンルならではの奥深さはないのだが、クラフト、サバイバル、そして彩り豊かでマンガチックな『ドラクエ』的RPG要素のマッシュアップである本作は、やりがいもあり、クリエイティブなゲームの慣れ不慣れに関わらず楽しめるゲーム。戦闘要素は更に良くなる余地もあるが、『ドラゴンクエストビルダーズ』はRPG要素と自由度の高いクリエイティブなゲームプレイが効果的に活かされている。『マインクラフト』が苦手と感じてしまう人のための、もうひとつの『マインクラフト』とも呼べるだろう。●Game Informer: 80/100


グラフィックス: 鮮やかかつシンプルな地形のフィールドは、素晴らしく愛らしいキャラクター達の絶好の遊び場だ。サウンド: 平穏な街並みに危険な雰囲気、謎に満ちた探求などで、音楽がそれ相応の効果を発揮している。プレイしやすさ: 建築はシンプルかつ満足の行く出来で、戦闘は凄まじく単純なもの。幸いなことに、このゲームの魅力と斬新なプレイ感は単調な戦闘を看過させてくれる。楽しさ: 『ドラゴンクエストビルダーズ』は『マインクラフト』的なゲームに更なる新要素を求めるプレイヤーや沢山の建築物を作りたいゲーマーにとって、素晴らしい「もうひとつの選択肢」と言える。リプレイ性:高●IGN Spain: 79/100
●WCCFtech: 60/100


ゆっくりプレイしながらクリアまで辿り着けるので、落ち着いたゲームを探しているプレイヤーにはぴったりだろう。『マインクラフト』などを好むプレイヤーにとって楽しめる要素を多数収録しているが、『ドラゴンクエストビルダーズ』はそういったプレイヤーが欠陥に感じるような障害も持ち合わせている。その結果として、本作はやり込み派プレイヤーにとって冗長気味かつ退屈に思われる部分が終盤まで続くことになってしまった。とは言えど、『ドラクエ』シリーズファンにとってどう映るかは非常に興味深いところと言えるだろう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

海外で10月11日よりリリースされる『Dragon Quest Builders』のPS4版海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは83点となかなかの高得点。PS Vita版におけるレビューおよびスコアは未掲載です。

国内では1月末に発売されていた本作ですが、『マインクラフト』的サンドボックス要素と海外でも人気を博す有名RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの融合したゲーム性は高く評価されていました。クリエイティビティー次第でやり込める建築要素や『ドラクエ』らしい世界観を活かしたルックスには好印象が目立っていましたが、戦闘システムを「単調」と感じたレビューも一部で見られています。


日本国内版となる『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』はPS4/PS3/PS Vitaに向けて発売中。PS3を除くエディションでは無料体験版も配信されています(PS4/PS Vita)。