シネマティックトレイラー
5月よりSteam早期アクセスが行われていたTrion Worldsの新作ゲーム『Atlas Reactor』が正式リリースとなりました。本作はチーム戦術を取り入れたファーストペースのターンベースストラテジーで、4vs4のバトルが展開します。


主な特徴
対戦PvP: ソロ、vs Bot、PvP、ランクド、カスタムゲームなど、4vs4のチームバトルに参加。幅広いアビリティのコンボで同じ試合になることはない。カスタマイズ可能なヒーロー:
常に増大するフリーランサーの一人として参戦。大きな個性と5つのカスタマイズ可能なアビリティを備えた未来的なヒーロー。ユニークなマップと環境:
空飛ぶカーゴシップのデッキ、屋上庭園、ハイテク研究所、リアクターコアのエンジニアリングベイを含む、Atlasの都市一帯での戦い。シーズンストーリーと報酬:
プレイヤーが世界の運命に影響を及ぼすことができる、シーズンを通してのストーリーと、ボーナスルートを含むチャレンジリワード。未来的な世界:
雲を刺すような巨大都市で、惑星上で最後のリアクターを巡ってフリーランサーが戦いを繰り広げる。

「『XCOM』と『DotA』の出会い」とも表現される『Atlas Reactor』は、「All Freelancers Edition」が2,680円、「All Freelancers Pro Edition」が5,470円、「Ultimate Reactor Edition」が8,980円で配信中(いずれも10月12日まで10%オフ)。無料でプレイできる「Free Mode」も配信中です。