先日、ソニーより承認が得られないということで、PS4版へのMod対応が無期限延期となっていた『Fallout 4』『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』ですが、Bethesda Softworksより正式に同作のPS4版にMod対応が行われることが発表されました。

Modサポートは『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』の方が先となり、発売と同時に実装されるとのこと。同作のPC版ユーザーにはお馴染みの“Creation Kit”を用いて、PC版同様にPS4向けModを制作する形です。

また、Modの導入は、先行するXbox One版『Fallout 4』のように、Bethesda.netを通してアップロード・ダウンロードを行う仕様となる模様。ただし、PS4版のModにおいては3Dモデルなどの外部アセットの利用が不可能とされており、それらについては製品に含まれている物のみが使用可能となっています。

同発表内では、双方のタイトルにおいて、PS4 Pro上で、4k解像度対応を始めとしたグラフィック強化の恩恵が得られることも公表されています。こちらも『Fallout 4』は後日のアップデートによる提供とのことです。