Dynamic Pixelsが開発中のPC向け1人称ステルスホラーアクション『Hello Neighbor』。本作のプレアルファ版ゲームプレイ映像が海外メディアより公開されています。

GameSpotが公開している映像では、10分にわたって、謎多き隣人宅への潜入シーンが展開。序盤は警戒も緩く、玄関が開いていたり、隙間から怪しげな光が漏れているドアが確認できたりしますが、捕まっていく度にバリケードなどが厳重に。今回のゲームプレイはプレアルファ版であるため、不完全な要素も見受けられますが、真顔で追いかけてくる隣人からは、デフォルメされたキャラクターモデルであっても恐怖を感じます。

また、一部のシーンでは、巨大化した隣人に捕まえられるシーンも存在しており、そのゲーム設定のユニークさと相まって、隣人が何を隠しているのか、という真相が気になるものとなっています。

『Hello Neighbor』は2017年夏にPC向けにSteamにて発売予定。さらに、先日お伝えしたように、オープンアルファ版の登録受け付けも行われているようです。